[2] 取扱商品


[トータルソリューションプロバイダー]
滅菌に関する豊富なノウハウと先進テクノロジーを結集。コンサルティングから性能・品質評価、運用・管理まで、より最適な滅菌環境の実現をトータルサポートいたします。

[商品メニュー]
@
滅菌洗浄装置関連(蒸気・ガス・乾熱他)
A 加熱殺菌処理装置
B ピュアスチーム/水処理装置
C 培養関連
D バリデーション関連

※各装置の詳細については、お手数ですがパソコン用HPを参照下さい。
[PC版URL]
http://www.sakurasi.com


@ 滅菌洗浄装置関連
滅菌装置は被滅菌物の形状・サイズ・包装形態などにより、ニーズに応じた装置のご提案を致します。

[高圧蒸気滅菌装置:オーバル型] 日本初 NEW!!
弊社がこれまで滅菌業界で長年培ってきた技術を基に、従来に比べ、使いやすさの向上、ランニングコストを大幅に削減、利便性と安全性を徹底追及した新しい滅菌装置です。オーバル(=楕円)型の缶体は、日本で初めてのものとなります。

[高圧蒸気滅菌装置]
飽和蒸気滅菌方式
多量の各種機械器具及び材料を飽和蒸気にて極めて短時間で滅菌・乾燥を行う方式です。

シャワーリング方式
各種密閉された多量の薬液及び材料を飽和蒸気にてシャワー水を加熱し、極めて短時間に加圧滅菌し、冷却を行う方式。

ベンチレーション方式
各種密閉された多量の薬液などを飽和蒸気で加熱しながら、更に空気加圧により被滅菌物の変形、破裂を防止する方式です。

[高圧蒸気滅菌装置:標準型]
VSS
滅菌バリデーションを的確に実施頂くためのあらゆる機能を搭載し、お客様をサポートする蒸気滅菌の標準型です。

ANU
ケージの出し入れから、運転管理、メンテナンスに至るまで、動物施設や研究施設での使いやすさを考え、さらに簡単・効率的にした装置です。動物施設・研究施設用の標準機です。

酸化エチレンガス滅菌装置
高温多湿により蒸気滅菌等が不可能な機械・器具類をエチレンオキシドにて滅菌する装置です。

[乾熱滅菌装置]
滅菌が必要な各種器械・器具及び材料を無塵高温空気により、乾燥・滅菌・冷却を自動で実施する装置です。

[洗浄機関連]
全自動杵臼洗浄機
運転スイッチを押すだけで、全工程を自動処理致します。強アルカリイオン水を使用し、超音波洗浄を行う為、シャワー洗浄では落し切れない汚れも落とすことが可能です。


[6]↑
ページトップへ



A 加熱殺菌処理装置
[熱水噴射式調理殺菌装置]
トレイ内部の温度を均等に維持する、放射状噴射方式を採用した殺菌装置です。用途としては、レトルト食品・缶瓶詰・米飯・麺・卵加工品・農産加工品・水産加工品等となります。

[高温高圧調理殺菌試験機]
レトルト食品・缶詰・缶飲料水等の殺菌試験装置で複数の殺菌試験・冷却から選択が可能です。また、F値設定及びC値設定が可能な為、生産機により近いデータ収集が可能です。

[試験機エコノミ]
高温高圧調理殺菌試験機の機能を限定した、エコノミ機もご用意しております。


[6]↑
ページトップへ



B 水処理/ピュアスチーム
[蒸留水製造装置]
多重缶方式によりパイロジェン・フリーの高純度蒸留水を効率よく大量に製造。また、水や蒸気の消費量が少ない省エネタイプ。

[ピュアスチーム発生装置]
パイロジェン・フリーの蒸気を素早く供給。滅菌装置の理想の蒸気源として使用可能です。

[ピュアスチーム蒸留水製造装置]
本装置で製造したピュアスチームおよび蒸留水は発熱性物質を含まず、製剤および注射剤そして化学分析などの用途に最適です。

[強アルカリイオン水]
pH12.5のアルカリイオン水を連続的に生成し、不必要な酸性水はできません。また、防錆効果が長持ち、パーティクル除去性に優れるなどの効果があり、更に99.9%が純水のため、取り扱いが容易です。


[6]↑
ページトップへ



C 培養関連
[培養装置]
SLJシリーズ NEW !!
多機能な制御項目を有し、高度な培養条件設定が可能な卓上型培養装置です。

[アナライザー]
バイオテック アナライザーAS-310
固定化酵素膜(固定化オキシダーゼ膜)と、酸素電極からなる、酵素電極法による分析装置です。
食品・発酵・化学工業等の分野における工程管理や製品分析にご利用いただけます。


[6]↑
ページトップへ



D バリデーション関連
[データロガー]
ドイツ・エブロ社の製品で、温度、圧力、湿度、pH、油、塩分などの物理量を測定が可能です。
無線通信・ワイヤレスに対応した製品もございます。

[温度・圧力キャリブレーター]
アメテック・デンマーク社の製品を取り扱っております。
主なユーザー様は製薬、食品、火力、原子力、化学、石油精製、機械など多岐にわたります。


[6]↑
ページトップへ



[0]←ホームへ


(c)サクラエスアイ株式会社